スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット証券のメリット

001810.jpgネット証券のメリットは、どんなものでしょうか。

まずは、証券取引を簡単にはじめることができ、ネット環境さえあればいつでもどこでもできる所にあります。自宅にいながら株取引ができることから、ネット証券のおかげで個人投資家が増えたことはいうまでもありません。24時間できるというのが、多くの人をひきつける最大要因になっているのです。


次に、情報量が多い事があげられます。ネット上で多くの情報をみることができます。
初心者向けの株講座からヘビーユーザー向けの投資情報まで様々な情報がサイト上にあります。
証券会社に足を運んで得る情報よりも、ネット上で得る情報の方が量も質もそして鮮度もいいものが多いと言えます。

更にネット証券は手数料が安いのが大きなメリットです。
ネット証券取引と証券会社の窓口では、株を購入する場合の手数料が違います。
何と、ネット証券の中には手数料が無料という所もあるのです。
株取引をコンピュータで処理するため、人件費の節約ができるのが大きな要因です。
店舗や応対する人件費がいらない分、手数料が安く済む訳です。
窓口とネット取引では同じ商品を売っていても、ネット証券で買う方がお得になります。
この安さのおかげで手軽に株投資を始める人が増えているのです。

もうひとつ、電話や訪問での営業や勧誘がないのも人気の秘密です。
ネット証券であれば、営業の担当者に会う必要がないのです。
営業の人に会うと興味のない株取引を勧められることがあります。
その点、ネット証券は勧誘されることもないので、自分で自由にやりたいだけ株取引をやることができます。

そこがうれしいところでもありますね。


日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》です。

スポンサーサイト

ネット証券のデメリット

001520.jpgでは、ネット証券はメリットばかりなのでしょうか。
いいえ、デメリットもあります。
メリットばかりが先行して、デメリットを知らないという人もたくさんおられます。
ネット証券で株を始める前にデメリットもきちんと知っておいた方がいいでしょう。

ネット証券は手軽で、安くて、誰でも自由に出来るというメリットがありますが、逆に言えば投資のアドバイスを直接してくれる人がいないことです。証券会社に行けば、営業の方に分からないことを聞けば答えてくれます。初心者であれば、投資の基本も教えてくれます。
ネット証券でも初心者向けサイトがありますが、直接、疑問に答えてくれる人がいません。
ですから、株取引が全く初めてという初心者には多少難しいかもしれませんね。

また、パソコンのトラブルもつきものです。
一番多いのは(そして、最も怖いのが)、入力のミスです。100株買おうと思ったのに桁を間違えて1000株買ってしまったという人も少なくないでしょう。
注文前には必ず見直す必要があります。パソコンの調子が悪く、取引のタイミングを逸したり、パソコンが故障すれば、ネット取引そのものできなくなるのも大きなデメリットです。

ネット証券を始めるために登録する個人情報、これも気になります。
最近はかなり高度なセキュリティがあるので、個人情報の漏洩を心配をしていない人も多いと思います。しかしながら、100%安心というわけではないでしょう。銀行の口座番号などを登録するのは、やはり不安は残りますよね。

ネット証券はいいことばかりではないということをしっかり念頭におきながら、取引を開始することをオススメします。


日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》です。

ネット証券を選ぶ基準

001822.jpgあまたあるネット証券のほとんどは、口座開設が無料です。
しかし、各ネット証券の特徴や、売りはさまざまで、手数料やサービス内容が異なってきます。
特に初心者の方には、どれを選べばいいのか分からないという人も少なくありません。
では何を見てネット証券を選べばいいのでしょうか。

まずは、手数料の安さで選ぶことをオススメします。
少額取引であれば、手数料が無料というネット証券もたくさんあります。
初心者は、最初から高額取引をするのは危険なので、とりあえず安く株取引ができるネット証券から始めるのがよいでしょう。

手数料が無料の会社の中からひとつに絞れないと言う人は、口座開設にお金がかからないので、何社かネット証券を選んで口座を開設してもよいでしょう。
会社によって取引ごとに手数料などが異なるので、その中から一番安い所で取引をすればいいのです。

ホームページには、細かなサービスが掲載されています。掲載されているサービス内容もネット証券選びの一つの判断材料になります。
サイトのデザインや使い勝手が違いますので、自分の使いやすいネット証券を探すのも大事です。
たくさんの情報が掲載されすぎて、見づらいという会社もあります。
どの情報を基に株の取引をすればいいのかがわからなくなる可能性もあります。
情報は大切ですが、情報が溢れすぎるのもまた問題です。

手数料だけで選ぶ必要はありませんが、ネット証券にはどれも似たサービスがあります。
手数料が大事な判断基準になることは間違いないでしょう。


日本で初めて本格的「インターネット株式取引」を開始したのは《松井証券》です。

ミニ株より安く

ネット証券で人気なミニ株。
それよりさらに小さな単位で購入できる株があります。
各会社によって呼び方は異なりますが、ミニ株よりも安いプチ株やまめ株・S株などが用意されています。
これらの株は通常の株とは違い、1株から購入する事ができるのです。
ネット証券にしかない取引であり、どの会社でも人気があります。
ただし会社によって手数料が違います。
取引額によっても異なりますが、SBI証券のS株が一番安いとされています。
ミニ株同様にこれらの株は初心者向けであり、低予算でできるというメリットがあります。
投資金額が1万円以下でも楽しめるというのは嬉しいですね。
お小遣い稼ぎとして楽しむ人も増えています。
ここで得た利益をもとに大きな株を購入する人もいます。
また本格的に投資を始めたいと思っている人達が勉強を兼ねてプチ株などを購入しているのです。
購入できる銘柄も制限はされますが、今まで手が届かなかった銘柄を1株から買える場合もありとても魅力的です。
投資金額も安いため、数種類の株を買うことができ、リスクを分散することもできます。
これらの株を購入すれば、配当金や株式分割を受けることもできます。
少ない額の株で配当金を得ることができるのはメリットですね。
ただ株主優待を受け取ることや株主総会に参加することはできません。
株主優待を受けるためには、一定株数の購入が条件になるので、株主優待を楽しみに株取引する人にはお勧めできない株取引です。

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。