スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225とは

株を始めると、耳にするのが日経225という言葉です。
日経225は東京証券取引所第一部上場銘柄の中にある225銘柄の株価指数を指します。
この225銘柄は優良企業ばかりで、市場を代表する銘柄とされ、株式市場の動きを表す指標とされています。
これらの企業は株価の暴落や会社の倒産といった心配もないのです。
ただ日経225には株券は存在しないため、通常の株取引ができませんが、先物取引ができます。
多くのネット証券で日経225の先物取引をすることができます。
先物取引は将来売買する価格や時期を最初にきめて取引します。
その時期になって株価が上昇していれば利益を得ることができ、下落していたら損失を被ります。
とても簡単な仕組みですが、日経平均株価を予測するのは難しいとされています。
先物取引はリスクが高いため、取引を避ける人もたくさんいます。
しかし、もっと手軽に楽しんでもらえる日経225があります。
それは日経225miniと言われ、通常の取引に比べて取引単位などが10分の1になっています。
10分の1になるだけでリスクがかなり軽減されます。
また少ない資金で投資ができるのも特徴です。
システム自体がとても分かりやすいので、リスクが少ない日経225miniはネット証券でも人気があります。
日経225の先物取引をするにあたって注意しなければならないことがあります。
それは通常の株と違って有効期限があると言うことです。
最長で1年3ヶ月になります。

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。